FANDOM


参考記事:Sapphire(Steven Universe Wikiより翻訳・加筆)

目がたくさんあるのって、素敵だったわ!

—「愛がすべて」から
サファイア
Dan Sapphy ur Freezies with Gem
データ
ニックネーム 不明
ジェム
武器 不明
宝石 サファイア
作業 ガーディアン
チーム クリスタル ジェムズ
ステータス 不明
友達 不明
御披露目 脱獄
テーマ・ミュージック 不明
声優 不明


サファイアは、「脱獄」で初登場したジェムで、クリスタル・ジェムズの一員である。以前はブルー・ダイヤモンドに仕えていたが、反逆者の襲撃にあった際ルビーと合体したことが遠因となり、後にクリスタル・ジェムズに加入する。現在は主にガーネットとして登場している。

見た目編集

サファイアは青い肌を持つジェムで、髪はウェーブのかかった空色のロングヘアである。身長はルビーよりわずかに高く、唇はガーネットに似たものになっている。普段は前髪で隠れているが、その下は青い単眼である。服装は、青いエプロンがついた床まで届く丈のドレスと白のオペラグローブを身に着けている。このドレスはブルー・ダイヤモンドに仕えていたころは細部や色合いが違い、ダイヤモンドのマークが施されていた。ジェムの位置は右の手のひら。

経歴編集

5750年以上前、サファイアはブルー・ダイヤモンドに仕える位の高いジェムだった。ある日サファイアは反逆者を止めるための使節団として3人の護衛ルビーとともに地球に向かい、そこで自分を含めた7人のジェムが倒されることと引き換えに、ローズ・クォーツパールが確保されるという未来を見ることとなる。

自分が見た未来をブルー・ダイヤモンドに告げた直後、予言通りローズ・クォーツとパールが襲撃に来る。彼女らは次々に6人のジェムを倒し、残るはサファイア1人となった。しかし、倒されていなかった1人のルビーがサファイアを守るために彼女にぶつかると、偶然にも合体してしてしまう。違う種類のジェム同士の合体は前例のないものだったため周囲のジェムは動揺し、その隙にローズクォーツとパールは逃走してしまう。

予言が外れたこと、そして自らの従者であるサファイアがルビーと合体したことを快く思わなかったブルー・ダイヤモンドは、ルビーを壊そうとする。その瞬間、サファイアはルビーの手を握ってクラウドアリーナから飛び降り、地上に降り立つのだった。2人は雨を避けるため洞窟へ入り、そこで合体について考える。

その後再び合体した2人は、パールとローズ・クォーツと再会することとなる。合体を気味悪がらず、受け入れている彼女らに会ったガーネットは、ルビーとサファイア、そして合体についての質問をローズに投げかけるが、その答えは彼女が既に持っている物、すなわち「愛」であると諭される。その後、サファイアはガーネットとしてクリスタル・ジェムズに入り、数千年もの間地球を守っていくこととなる。

性格編集

サファイアは心優しく公平、かつ冷静で忍耐深い性格である。このような性格であるため、直情的なルビーと合体することで性格のバランスが保たれる。

サファイアは未来が見えてしまうせいか、他人と距離を置こうとしがちである。「キーストーン・モーテル」では、問題が既に解決しているという未来が見えているため現在抱えている感情は気にしないようにする、という彼女のスタンスがみられる。このため、彼女は怒りなどの感情を抱え込んでしまいがちである。しかし、ルビーに対しては非常に社交的であり、自らの考えを打ち明けるなどするようだ(「愛がすべて」から)。また、トラブルや想定外の事態が起きたときはルビー以上に感情的になるようだ(「最高のバースデーパーティ」での騒動の際、ガーネットは左目から涙を流している)。

能力編集

合体編集

特殊能力編集

  • 予知能力:ある程度先の未来を見ることができる。
  • クライオキネシス:周囲の温度を下げることができる。
  • 浮遊能力:浮くことができる。
  • 高速移動:早く移動することができる。

関係編集

ルビー編集

スティーブン・ユニバース編集

クリスタル・ジェムズ編集

人工合成ジェムズ編集

ブルー・ダイヤモンド編集

ジェムストーン 編集

サファイアのジェムは青い三角形のファセットのサファイアである。ジェムの位置は右の手のひら。

SapphireGem

サファイアのジェム

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki